toggle

HOME > ブログ > 鑑定士としての役割とは?

鑑定士としての役割とは?

2020-04-19

私の不動産鑑定士としての社会での役割は何か?

不動産鑑定士の仕事内容を一般の方に説明することはなかなか難しいと感じており、実は毎回の自己紹介でも

迷いながら話をしていました。

 

ようやく最近、自分の提供するサービスを明確に説明できるようになってきました。

 

私の不動産鑑定士としての仕事とは、一言でいうと「安心の提供」です。
少し説明するならば
「相談者の不動産の悩みを解決すること。そして、次に何をするべきかを相談者が自ら自信をもって選択する、そのお手伝いをすること。」
と言えます。

皆様に「相談してよかった。安心しました。」と言ってもらえる提案ができる不動産鑑定士でありたいと考えています。

 

さて、新型コロナウイルス騒動が終息後、「不動産の価格」はもちろんのこと「人々の不動産に対する考え方」は大きく

変わっているでしょう。

不動産の価値とは何か?この永遠のテーマに向き合いながら、不動産鑑定士としての職務を果たしていきたいと思っています。

関連記事