toggle
税理士の方へ

HOME > 税理士の方へ

こんなとき

相続税法、財産評価基本通達により計算した評価額よりも市場価値の方が低い可能性がある。

該当する土地についての資料を提示いただければ、計算上の評価額よりも市場価値が低いかどうかを概算により判定します。
その差額を確認した上で、正式な査定書を依頼するかどうかをご検討ください。

「広大地の評価」と「画地規模の大きな宅地の評価」の違いを知りたい。

平成30年1月1日以後に生じた相続には「画地規模の大きな宅地の評価」が適用になります。
「広大地の評価」よりも適用条件が簡潔になりましたが、適用範囲が大幅に広がっているため、更正の請求の必要性が生じないように事前の対応が必要です。

埋立など通常必要な費用に当てはまるかどうか判断が難しい。

周辺の土地利用状況により判定することができます。

顧客に相続対策としてのアパート建設を提案したいが、今の時代、将来的に安定運用出来るかわからない。

運用計画について家賃、空室率、費用の予測が適正かどうかを判定します。
アパート事業を行うかどうかの最終判断は、運用計画チェックの上、所有者の資産状況に応じて決定することとなります。

顧客に土地活用の相談を受けたが、どのように対応したらよいかわからない。

(「土地活用のご相談」をご覧ください。) また、不動産に関する簡単な相談には対応できるように、士業の方向けの土地活用基礎講習を行っています。ご相談ください。